看護師にありがちな残業

病院には、24時間患者さんがいます。入院患者のケアをするために、看護師も24時間交替制で勤務を行います。今は2交替制・3交替制のシフトがありますが、いずれにしても忙しい印象があります。日勤で働いた後に数時間仮眠をとり、また夜勤で出勤という場合もあるようです。そのため、患者さんから看護師はいったいいつ休んでいるのかと心配をされることもあるといいます。そんなハード勤務を送る看護師にとって問題になるのが、残業です。看護師の中には、自分は仕事が遅いから終わらない・知識不足で時間がかかり残業をすることになったと、過小評価する人もいます。確かに、新卒の時に要領や段取りが悪く、そのような結果になって残業をすることは仕方がありません。しかし、経験を積んでくるとそればかりが理由ではないでしょう。経験を積むと周りが見えてくるので、忙しいそうなところを手伝ったりナースコールに積極的に出たりすることもあります。また、病棟内の仕事では物品の補充や整理も大切な仕事になり、患者さんの対応以外の仕事も多いのです。そして結局、自分の仕事が終わらないという状況になってしまうのだと思います。どの看護師も仕事の内容に優先順位を付けて、行うべき処置や点滴などは決められた時間に終了します。しかし、後に残るものと言えば時間に迫られることの無い記録物でしょう。患者さんを回って計った検温や、その時の状況などを記す看護記録が時間外に残ることがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です